会社概要

 企業理念

  • わたしたちは、スタジオフォトグラフィーの領域において、プロフォト(スウェーデン)をはじめとする、常に厚い信頼を集める世界のトップ・クォリティー(デザイン、機能、品質)の製品を、日本で活躍するプロフェッショナル・フォトグラファーに、優れたサービスと共に提供します。
  • わたしたちは、優れた“ライト・シェイピング・ツール ― 光を造る道具”を提供することによって、プロフェッショナル・フォトグラファーが、デジタル・イメージングにおいて自由にクリエイティブティーを発揮できる環境を提供します。
  • わたしたちは、スタジオ撮影照明の領域で、マーケットリーダーとなることを目指します。

 

概要

  • 商号: プロフォト株式会社 Profoto K.K.
  • 本社所在地: 東京都中央区湊1-1-12 HSB鐵砲洲 3階
  • TEL.03(3206)1861(代) FAX.03(3206)1864
  • ウェブ: http://www.profoto.com/ja
  • 代表者: 代表取締役 河原克浩(かわはら かつひろ)
  • 事業内容:
    1. 写真、映像撮影機器、器材および、写真、映像撮影用照明機器、器材の輸入販売
    2. 写真、映像撮影機器、器材および、写真、映像撮影用照明機器、器材の設置

 

設立

  • 設立: 平成17年5月24日
  • 事業開始: 平成17年9月1日
  • 資本金: 2,500万円決算:年1回(12月)
  • 株主: Profoto AB (100%出資), Box 1264, SE-172 25, Sundbyberg, Sweden
  • 取引銀行: 株式会社 三菱東京UFJ銀行
  • 役員: 代表取締役 河原克浩、取締役 アンダース・ヘデバーク
  • 主な仕入先: Profoto AB (Stockholm, Sweden) ストロボ、ライティング・ツール

 

沿革

  • フォトグラファーであったConny Dufgranが兵役終了後、スウェーデン・ストックホルムに戻り、フラッシュユニットの開発をしていた友人のEckhard Heineと共にビジネスのコンセプトを考え出す。
  • DufgranとHeineが新しいコンセプトのフラッシュユニットを開発。フォトキナ(ドイツ・ケルン)で発表する。
  • 1971年 シュリロ貿易・カメラ輸入部プロ機材課で、プロフォト社(スウェーデン)のPro-1ストロボ輸入販売開始。
  • 1985年~ ジャーディン・マセソン日本支社で、プロフォト製品の輸入代理権移管。以降、銀一(株)、プロシス(株)、日本シイベルヘグナー(株)と輸入代理権が移管。
  • 2005年5月 Profoto ABの100%出資で、プロフォト(株)設立。
  • 2005年9月 プロフォト(株)事業開始。