新ファームウェアをリリース(2019年11月20日) | Profoto (JP)
B10 キャンペーン Profoto B10/ B10 Plusをご購入の方に40,000円分のライトシェーピングツールをプレゼント。 続きを読む

新ファームウェアをリリース(2019年11月20日)

21 11月, 2019

執筆者:: Profoto Japan

2019年11月20日に新ファームウェアをリリースしました。My Profoto より最新ファームウェアをダウンロードしてご利用ください。

D2 と Pro-10 には重要なバグ修正点が含まれます。その他の製品については、製品本体の新機能追加や重要なバグ修正点は含まれず、macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを実施する際に発生していた Mac インストーラーのバグの修正のみになります。

ファームウェアアップデート対象製品:
- Profoto Pro-10
- Profoto D2
- Profoto B1 & B1X
- Profoto B2
- Profoto B10 & B10 Plus
- Profoto A1 & A1X
- Profoto Air Remote TTL-C
- Profoto Air Remote TTL-N
- Profoto Air Remote TTL-S
- Profoto Air Remote TTL-F
- Profoto Air Remote TTL-O/P

ファームウェアアップデート詳細:

Pro-10 (新ファームウェアバージョン C2)
バージョン C1 からの変更点
• 機能変更なし
• 100-130V 電源で使用時にフラッシュ発光後のリサイクルチャージが遅れる、またはリサクルチャージしないバグを修正しました。
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。

D2 (新ファームウェアバージョン B3)
バージョン B2 からの変更点
• 機能変更なし
• モデリングランプを DIM に設定した際に発生していたモデリングランプのバグを修正しました。
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。

B1 & B1X (新ファームウェアバージョン E4)
バージョン E3 からの変更点
• 本体の機能変更やバグ修正はなし
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。

B2 (新ファームウェアバージョン A9)
バージョン A8 からの変更点
• 本体の機能変更やバグ修正はなし
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。

B10 & B10 Plus (新ファームウェアバージョン A9)
バージョン A8 からの変更点
• 本体の機能変更やバグ修正はなし
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。

※ A9へのファームウェアアップデートは Profoto アプリを使った Bluetooth 経由でのアップデートはできませんのでご注意ください。PCと B10/B10 Plus をUSBケーブルで接続してアップデートを行ってください。

A1 & A1X (新ファームウェアバージョン C6)
バージョン C5 からの変更点
• 機能変更なし
• マイナーなバグ修正
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。

Air Remote TTL-C (新ファームウェアバージョン C9)
バージョン C8 からの変更点
• 本体の機能変更やバグ修正はなし
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。Mac インストーラーを起動すると、システム環境設定を開いてアプリケーションへのアクセスの承認を求められます。ファームウェアアップデートを実行するには承認いただく必要がありますのでご注意ください。

Air Remote TTL-N (新ファームウェアバージョン C1)
バージョン B9 からの変更点
• 本体の機能変更やバグ修正はなし
• D3500 の互換性テストが完了し、対応カメラリストに追加しました
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。Mac インストーラーを起動すると、システム環境設定を開いてアプリケーションへのアクセスの承認を求められます。ファームウェアアップデートを実行するには承認いただく必要がありますのでご注意ください。

Air Remote TTL-S (新ファームウェアバージョン A5)
バージョン A4 からの変更点
• 本体の機能変更やバグ修正はなし
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。Mac インストーラーを起動すると、システム環境設定を開いてアプリケーションへのアクセスの承認を求められます。ファームウェアアップデートを実行するには承認いただく必要がありますのでご注意ください。

Air Remote TTL-F (新ファームウェアバージョン A4)
バージョン A3 からの変更点
• 本体の機能変更やバグ修正はなし
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。Mac インストーラーを起動すると、システム環境設定を開いてアプリケーションへのアクセスの承認を求められます。ファームウェアアップデートを実行するには承認いただく必要がありますのでご注意ください。

Air Remote TTL-O/P (新ファームウェアバージョン A3)
バージョン A2 からの変更点
• 本体の機能変更やバグ修正はなし
• macOS Catalina ユーザーがファームウェアアップデートを行えるように、Mac インストーラーのバグを修正しました。Mac インストーラーを起動すると、システム環境設定を開いてアプリケーションへのアクセスの承認を求められます。ファームウェアアップデートを実行するには承認いただく必要がありますのでご注意ください。

My Profoto より最新ファームウェアをダウンロードしてご利用ください。

2019年11月20日
プロフォト株式会社
info-jp@profoto.com

執筆者:: Profoto Japan

このストーリーで使用された製品