新規

Profoto A1

A1は当社史上最小サイズですが、Profotoの名にふさわしい品質と機能を持つ商品です。ラウンドヘッドが自然な美しい光を演出し、減光部もやわらかくなめらかです。抜群の使いやすさを誇り、リサイクルタイムは驚くほど速く、バッテリーも長時間持つので、決定的瞬間を逃すことはありません。AirTTLも内蔵されているので、他のProfoto製ライトとシームレスに接続可能です。持ち運んでオンカメラでもオフカメラでも、場所を選ばず美しい光を形作ることができます。

バリエーションの選択:
販売店またはレンタルを探す

Profoto A1は、9月19日に全世界に向けて発表され、ドイツ、北欧諸国を皮切りに世界中で販売が開始されます。数週間後、ヨーロッパ全土、アジア、北米へと順次出荷される予定です。

説明

Profoto A1 for Canon JP 世界最小のスタジオライト

製品番号: 901201 JP

A1にはライトシェーピング機能が搭載されています。独特のラウンドヘッドが減光部をやわらかく、なめらかにするため、自然な美しい光を形作りやすいのが特長です。マグネット式マウントも搭載されており、ドームディフューザー、A1専用ライトシェーピングツールをワンタッチで素早く簡単に取り付け/取り外しができます。ワイドレンズ、バウンスカードを取り付けると、クリエイティビティーの幅がさらに広がります。A1にはLEDモデリングライトも内蔵されており、ライトの設定が簡単で、ライティングを確認しやすくなっています。

使いやすさも抜群です。インターフェイスは大きく、見やすく整理されています。すべてのProfoto製品同様に、直感的に使用できるため、機能を理解するために分厚い取扱説明書を読む必要はありません。A1にはAirTTLリモートも搭載されています。AirTTLとHSSを利用すると、迅速かつ簡単にプロフェッショナルとしての結果を出すことができます。他のProfoto製フラッシュとリモートでシームレスに接続し、A1から簡単にコントロールできます。

A1はオンカメラ・フラッシュですが、オフカメラとして独立ユニットで使用しても優れた能力を発揮します。A1には独自の大容量リチウムイオンバッテリーが搭載されており、パフォーマンスを落とさずに単三電池の4倍長持ちし、充電時間も短くなっているため、長時間の撮影でも安心です。A1のリサイクルタイムは、他社のオンカメラ・フラッシュに比べ4倍速く、最大出力でも1.2秒と驚異的な短さを誇るため、どんな動きにも付いていきます。撮影にミスが生じることがなくなります。

特長

  • やらわかく、なめらかで自然な減光部を演出するラウンドヘッド
  • プロフェッショナルとしての美しい写真を素早く撮影可能にするAirTTLとHSS
  • A1用ライトシェーピングツールにワンタッチで取り付けられるマグネット式マウント
  • A1専用ライトシェーピングツールを取付可能
  • ヘッドに統合されたLEDモデリングライト
  • Air Remote内蔵
  • 交換可能な充電式リチウムイオンバッテリー
  • リサイクルタイム1.2秒
  • TTL/MANスイッチ
  • マニュアル制御も可能なモーターズームを内蔵
  • オートフォーカスアシスト (AF)
  • 大型高解像度ディスプレイ
技術仕様

技術仕様

Overview
  • Product name

    A1 AirTTL-C Unit

  • Product number

    330180

Camera compatibility
  • Supported camera models

    1DX Mark II
    1DX
    1DS Mark III
    5DS
    5DS-R
    5D Mark IV
    5D Mark III
    5D Mark II
    6D Mark II
    6D
    7D Mark II
    7D
    80D
    77D
    70D
    60D
    800D
    700D
    1300D
    1100D

Flash
  • Max energy

    76 Ws

  • Energy range

    9 f-stops (2.0-10)

  • HSS energy range

    9 f-stops (2-10)

  • Recycling time

    0.05-1.2s

  • Energy stability

    0.2 f-stop

  • TTL

    はい

  • HSS

    はい

Modeling light
  • Lamp type

    LED

Wireless connectivity
  • Operating range

    Normal sync and remote control up to 300 m (1000 ft).
    TTL and HSS up to 100 m (330 ft).

Additional connections
  • USB

    Yes, USB micro connector for firmware upgrades

  • Firmware upgrade

    USB micro connector for firmware upgrades

Powering
  • Battery capacity

    Up to 350 full power flashes

  • Additional note

    Battery charges in up to 80 minutes

Miscellaneous
  • User upgradeable firmware

    はい

  • Digital display

    Yes

Measurements
  • Weight

    560 g (1.2 lbs) including battery

同梱品

同梱品

A1 AirTTL-C Unit

x 1

Battery Charger for A1

x 1

USB Cable 2.0 Type A to Micro B

x 1
FAQ

FAQ

Can I control lights individually from the A1 and how do I do it?

Yes, set the off-camera lights in different groups. By selecting a specific group on the remote or A1 on-camera you can easily control most settings on the lights. Note that group A, B and C can be TTL or manual and group D, E, F are always manual.

Can I travel by air with A1 and its batteries?

Yes. Our Li-ion batteries are UN-certified so you can take them on a plane, no matter what your destination. All the documentation you need can be found under the download tab.

How do I optimize to get maximum frame rates, FPS?

Some cameras restrict maximum speed when using flash on camera. By using ‘X-SYNC’ you can shoot up to 20 frames per second. The X-sync mode only works in manual mode and without High Speed Sync.

Can I use the A1 in wet conditions, as rain or snow?

The A1 is designed to be used in dry conditions and should not be used in rain or snow.

I get over exposed images when shooting in bright conditions even if TTL is enabled?

For Canon users, make sure ‘Hi-S’ is activated. If not, the camera will sync at maximum sync speed which is normally 1/200s or 1/250s. That will normally result in an over exposed image in bright condition. For Nikon users, make sure ‘Auto FP’ is activated in the camera so that a fast shutter speed can be used.

The Soft Bounce disconnects too easy when used in combination with other modifiers?

Make sure the Soft Bounce is mounted directly on the A1 head. If you use any modifier in between this will weaken the connection.

Can I use the A1 to control my other Profoto lights?

Yes, the A1 has a built-in Air Remote that can control Profoto Air lights up to 300 m (1000 ft.).

How do I best create large, soft lighting with A1?

The easiest way is to use umbrellas to create soft lighting. Use a stand adapter with hot shoe connection and umbrella mount. You can also use Profoto RFi Speedlight Speedring together with the full range of RFi Softboxes.

I get black horizontal lines across the image when shooting with LED modeling light?

At some settings the LED will flicker which can result in lines across the image. Follow the instruction ‘Can I use the modeling light on the A1 for video and still images?’ in this FAQ how to set the model light for best result.

TTL/HSS randomly works when the A1 is mounted on camera?

Make sure the contacts are clean and have contact. Also make sure the locking ring is tightened.

ダウンロード

最新ファームウェアのアップグレード

最新ファームウェアをダウンロードするには、ログインして製品を登録してください。

My Profotoへ移動する