ロケーション撮影と折りたたみ式リフレクター | Profoto (JP)

ロケーション撮影と折りたたみ式リフレクター

07 6月, 2017

執筆者:: Fredrik Franzén

ポルトガルのファッションフォトグラファー Frederico Martinsが、Profotoの豊富なライトシェーピングツールのラインアップの中から、折りたたみ式リフレクターを活用してロケーション撮影を行います。

 

 Frederico Martinsは、衣料品店の家に生まれ育ちました。彼にとってファッションは単なる職業ではなく – 彼の血に流れるものです。 現在、彼はファッションフォトグラファーとして活躍し、数々の賞を受賞しています。彼のクライアントには、Vogue、Elle、Maxim、GQなどの有名な出版社も挙げられます。

ファッションフォトグラファーとして活躍する以前、Fredericoは、サーファーの写真を撮影していました。そのため、自然の要素やその場の光を写真に取り入れることが好きです。撮影には折りたたみ式リフレクターを好んで使用します。

「リフレクターを使用するのは、より自然なアプローチです」とFredericoは言います。 「折りたたみ式リフレクターがあれば、バッテリーや、重い機材の持ち運び、色温度の調整に縛られずに、とても簡単に、自然な美しい写真を撮ることができるのです」

 

撮影: サンシルバー面を使用

 

撮影: サンシルバー面を使用

 

撮影: ホワイト面を使用

Fredericoは、Elle のカバーストーリーの撮影を依頼されました。フエルテベントゥーラ島をさまよう孤独な少女がテーマです。太陽の下でのロケーション撮影だと分かっていたので、Fredericoは折りたたみ式リフレクターをいくつか持ってきました。

「Profoto の折りたたみ式リフレクターには、ハンドルがあり、私がこれまで使用してきた他のリフレクターよりも頑丈でしっかりとした作りです」 とFrederico は言います。 「かなり風の強い場所でも撮影することがあるので、頑丈な作りは重要な要素です。 さまざまなテクスチャやカラーから選ぶことができるのも魅力です」

さまざまなテクスチャは、使い方を変えるだけで異なる効果を作ることができます。 Fredericoは、フエルテベントゥーラ島の撮影でリフレクターをどのように使用したのでしょうか?

「リフレクターのホワイト面は、とても自然に光を反射するので、光と影をコントロールするのに使用しました」 とFredericoは言います。 「とても直感的に使用できるので、間違いなく私のお気に入りのツールの一つです」

「シルバー面は、やや低露光でメリハリのある写真 - 例えば、肌の色が濃く空が真っ青な写真 - を撮影するときに使用しました。こういったケースでは、リフレクターはモデルからかなり遠く離れた場所に配置します。そうすることで、低出力でありながら光沢感のある光で、写真のより暗いエリアを美しく描き出すことができるのです。また他の撮影では、モデルの瞳にキャッチライトを入れるのにシルバー面を使用しました」

「トランスルーセントのリフレクターは、ディフューザーとして使用しました。太陽光が差し込むモデルの頭上に置くことで、鮮やかでやわらかい光を作り出します。 もちろん、モデルに当たる光をディフューズすることで露出が低くなり、背景がやや明るくなりますが、それもまた綺麗です!」

「フエルテベントゥーラ島での撮影では、リフレクターのブラック面やゴールド面は使用しませんでしたが、ブラック面は、光を遮断したりカットすることができて、ゴールド面は、白黒写真を撮影するときに最適です - とても美しい、ブロンズのような感覚を写真に与えることができます」

「ですが個人的に好きなのは、サンシルバー面です。 シルバー面ほど冷たくならず、ゴールド面ほど暖かくもなく。 ちょうどその中間で、本当に素敵だと思います。撮影した写真からも見てとれる美しく温かみのある肌の色調の多くは、サンシルバー面を使用して撮影したものです」

 

Frederico のウェブサイト で彼の撮影した写真をさらに見る

Profoto 折りたたみ式リフレクターについてさらに詳しく

 

 

撮影:サンシルバー面を使用

 

 

 

撮影:ホワイト面を使用

 

 

 

 

 

撮影:サンシルバー面を使用

 

 

 

 

 

撮影:ホワイト面を使用

 

撮影:ホワイト面とブラック面を使用

 

 

 

 

 

執筆者:: Fredrik Franzén