ドラマチックなポートレートを撮影する - ソフトボックス ストリップ型 | Profoto (JP)

ドラマチックなポートレートを撮影する - ソフトボックス ストリップ型

24 5月, 2017

執筆者:: Andrea Belluso

Andrea Belluso は、30年以上のキャリアを持つ経験豊富なフォトグラファーです。月に一度、彼は撮影の舞台裏を見せて、長年かけて培ってきた知識を教えてくれます。今回は、暗いガレージに ソフトボックス ストリップ型 を持ち込んで、彼の古くからの友人 Peder のエレガントでドラマチックなポートレートを撮影しました。

飛行機で飛ぶこと、そして写真を撮ること - この2つに私は人生で最も情熱を傾けています。これら2つが組み合わされば、なおさら素晴らしいです!私が所属する飛行クラブで、友人の Peder Ek(飛行インストラクターでフォトグラファー)を撮影した日は、言うまでもなく、仕事でもとても素敵な一日となりました。

それもそのはず、友人 Peder のポートレートだけではなく、同時に、私たちの飛行クラブにある最高の機体 、二人乗りグライダー “Dou Discus” も撮影していたのですから - とても美しいです!

撮影の当初から Andrea は、エレガントでタイムレス、ドラマチックなイメージにしたいと考えていました。短く言うと、経験豊富なパイロット Peder が正義を貫くようなイメージにしたかったのです。友人の Peder は、思慮深くて、率直なタイプの人です。それを写真にも写すべきだと思ったのです。

Andrea はどのように表現したのでしょうか?

ライティングには、4灯の Profoto B1 オフカメラ・フラッシュ、3台の Profoto RFi ソフトボックス ストリップ型、2種類のソフトボックス アクセサリー と マグナムリフレクター を使用しました。

ライトに Profoto B1 を使用した理由はシンプルで、撮影現場での作業効率が良いからです。そして、ソフトボックス ストリップ型 を使用したのは、やわらかい光を自在にシェーピング、コントロールするためです。具体的な撮影方法はというと、、、

メインライトには、Profoto B1 に RFi ソフトボックス 30×180cm ストリップ型  と ソフトグリッド を装着しました。ソフトグリッドは、光の広がりを抑え、コントラストを高めるために取り付けました。ドラマチックな写真に仕上げたかったので、サイドライティングで Peder を照らしました - メインライトを Peder の右側に配置して、光がサイド 90°の角度から Peder に当たるようにしたのです。

私が RFi ソフトボックス を好んで使用する理由は、一般的なソフトボックスよりも形状が深いことにあります。この深い形状のおかげで、よりコントロールがしやすく、より深く強い光を作り出すことができます - 私の目指すイメージにぴったりでした。

さらに、もう1灯 RFi ソフトボックス 30×180cm を使って、飛行機のフロント部を照らしました。このライトにはソフトグリッドは使用せず、付属のディフューザーのみを使用しました。ソフトボックスは前面のエッジが凹んでいるので、光の広がりをコントロールして、飛行機の機首とコックピットの輪郭をきれいに見せることができました。

最後の 3灯目の RFi ソフトボックス 30×180cm は、コックピットの後ろの部分を照らすために使用しました。このソフトボックスには ストリップマスク を装着します。ストリップマスクは、ストリップ型のソフトボックスに装着することで、光の広がりをさらに狭められるオプションのアクセサリーです。ストリップ型のソフトボックスは細長い形状をしているので、その長辺からは非常にやわらかい光が得られますが、一方で短辺からは、かなり硬い光が得られます。機体の背後を美しい細い光で照らしました。

2つの ソフトボックス ストリップ型 で作り出されたハイライトが、写真にはっきりと写し出されています。Peder の左に1つ、右に1つあり、それらが連動して "Dou Discus" の機体の美しい曲線を浮かび上がらせています。

このようなライティングは、シンプルに「ハイライトは光源の反射である」ということを思い出すだけで、とても簡単に作り出すことができると思います。

4灯目の B1 には、マグナムリフレクターを取り付けました。このライトによる効果は本当に微かです。 後ろの翼にもう少し光を加えたかったのです。

これら 4つのライトを Air Remote を使ってコントロールし、バランスを取りました。Air sync は、私が使用した Phase One カメラのグリップにも内蔵されており、Profotoのライトと直接通信することができます。おかげで、撮影がとても楽になりました!

友人に囲まれ、飛行クラブでは、大好きなグライダー、カメラ、フラッシュ、ライトシェーピングツールなどの「おもちゃ」を使って、とても楽しい一日を過ごすことができました。

 

使用したツール

Ciao,

Andrea Belluso

Andrea のウェブサイトへ

ライトシェイパーのライティングををもっと見る

執筆者:: Andrea Belluso