写真: Jerry Hansas / Retuscheriet
カメラマン

Oskar Bakke

ウェブサイト

oskarbakke.com

ロケーション

Ängelholm, Sweden


B1とSony α7R IIを使用して、Oskar Bakke氏が艶やかに光る自動車のディティールを撮影

スウェーデンの高級車メーカーであるケーニグセグは、新型車のプレスリリース用に華やかでありながら清潔感のある写真を求めていました。そこで、白羽の矢を立てたのが、北欧を拠点に活躍するフォトグラファーOskar Bakkeです。鮮やかでシンプルな写真が求められていましたが、撮影場所は真っ暗な飛行機の格納庫でした。プロフォトのB1Sony α7R IIを使用して、彼がどのようにチャレンジに挑んだのかご覧ください。

Oskar Bakke氏のカーマニアでもあるのですが、本業はトラベルフォトグラファーです。彼の作品は、夏の日の太陽のような美しさがあります。その鮮やかでメリハリの効いた写真は、北欧の光や素朴さの演出方法として教科書がわりに使えるのではないかと思える素晴らしさです。高級車やレーシングカーの撮影で名声を確立してきました。

ミッション

スウェーデンの高級車メーカーであるケーニグセグは、ジュネーブモーターショー2017のプレスリリースイベントで使用するための新しい写真が必要でした。ジュネーブモーターショーは世界最大規模のマーケティングイベントのひとつで、同社にとっても大変重要度が高いものです。

ケーニグセグがOskarに依頼したのは、自動車そのものに焦点を絞った、明るくシンプルな写真の撮影でした。

「撮影場所は、エンゲルホルムの工場に近い飛行機の格納庫でしたが、中に飛行機は収納されていませんでした。本当であればスタジオでの撮影の方がやりやすいことは確かですが、飛行機がなく大空間を利用できたのは幸運でした」とOskarは撮影を振り返っています。

課題

撮影は2月中旬にエンゲルホルムで行われました。この時期、スウェーデンの昼の時間は非常に短く、天候も安定しません。Oskarは撮影のためできる限りの手配はしましたが、被写体の自動車はすべて同時に到着する訳ではありません。

「面白いミッションでしたが、同時にとてもチャレンジングな撮影でした」

写真に統一感をもたせたかったので、車体全体を照射するライトが必要でした。また、格納庫の照明や周辺光に頼ることはできませんでした。車体色がすべて暗めであったため、表面に反射する光を際立たせることが特に重要でした。

「大きな課題が2つありました。クライアントが求めていたのは、光沢の強い鮮やかな写真でしたが、撮影場所は真っ暗な格納庫。通常の背景紙を使うには、周囲にいろいろなものがありすぎました」

「もう1つの課題は時間でした。それぞれの自動車の撮影に使える時間の長さは自分でコントロールできないため、時間を有効に使う必要がありました」

そこで、Oskarは考えました。初めての試みとして、新しいやり方にチャレンジしてみようと思ったのです。

撮影

車体の光沢を消すライティングを行うために、10.8×10.8mのバタフライセールを広げて車体を覆い、2灯のB1オフカメラ・フラッシュからの光をバウンスしました。

「こうすることで、車体に当たった光や階調が繊細になりました」

「こんなに大きなセールを使ったのは初めてだったので、撮影はちょっとした実験でした。でも、すぐにコツをつかめたので、取り扱いはとても簡単でした」

屋外の撮影では、B1にマグナムリフレクターとOCF バーンドアを装着し、屋内ではRFiソフトボックス 30x120cmを使って撮影しました。

「このセットアップは、ライトを思い通りの場所に当てる事ができます。セールとB1を動かすことで、さまざまな自動車パーツのディテールと形状を最大限に際立たせる絶好のポジションを得ることができました」

Oskarは、Sony α7R IIAir Remote TTL-Sを装着し、TTLを使用して適切な露出を得ました。レンズにはGM 24-70/2.8を選びました。

「最初のテスト撮影にはいつもTTLを使い、露出をある程度整えます。そのあと、マニュアルモードに切り替えます。これによって、スピード感ある撮影が可能になり、適正露出を毎回一から自分で調節する必要はなくなります」

結果

このセットアップによりOskarは、自動車がいつ到着するのかもわからない難しい撮影を短時間で難なくこなしました。背景は煩雑でしたが、何とか仕事を終えました。背景に関しては、彼のポストプロダクションチームが加工を行い、見栄えを整えました。

「写真は色鮮やかで美しくなり、見た目の印象に統一感をもたせることができました。車体の暗い色と背景の光が絶妙のコントラストを生み出しました。クライアントのケーニグセグも気に入ってくれるでしょう」