ウェディング前撮り撮影 〜TOKYO 2020〜 | Profoto (JP)

ウェディング前撮り撮影 〜TOKYO 2020〜

30 4月, 2020

執筆者:: Profoto Japan

ウェディング前撮り撮影のコツをオンラインで学びませんか?

「Profoto Academy LIVE: CP+ 2020 Special」として2月27日にライブ配信した「ウェディング前撮り撮影 〜TOKYO 2020〜 by SHUN氏」を解説付きで、5月31日まで期間限定で公開しています。この機会をお見逃しなく!

ポイント解説:
00:00-02:30イントロダクション
ポイント:
Profoto A1X 1灯と Profoto Connectを使ってTOKYO 2020をテーマにしたウェディング前撮り撮影の舞台裏を紹介。

02:30-15:10 渋谷スクランブル交差点での撮影
ポイント:
写真は明るいところやピントが合っているところに目線が行きやすい。
基本的に一番見せたいところにハイライトを入れるようにしている。
カメラ側から見て、被写体の顔の狭い面積の部分に光が当たるショートライトを好んで使う。手前に影が来るため立体感が出る。
環境光がある中で撮影する場合、まず環境光のみでの露出をしっかり決めることが大切。
Profoto Connectをオートモードに設定し、カメラのシャッターを切るだけで適正露出が得られる。そこからストロボの光量を変えたい場合は、カメラの調光補正で±3段調光できる。Profoto Connectをマニュアルモードに切り替えると、ここで得られたストロボの光量が引き継がれるため、光量を固定したまま撮影を続けることができる。
被写体から見た光源の大きさが大きいほど光はやわらかく、光源が小さいほど光は硬くなる。
新婦一人の撮影ではアンブレラ トランスルーセント Mを使ってやわらかい光を作り出した。

15:10-19:45 木漏れ日を使った撮影
ポイント:
その場その時の光に注目して臨機応変に撮影を組み立ていく。
ハイライトとシャドーの差が大きく硬い光が木漏れ日として当たっている場所を選んだ。
Profoto A1X を直当てで、影起こしのフィルインライト(補助光)として使った。
ストロボを自然光のフィルインライトとして使う際には、自然に見せるために自然光と同じ方向からストロボを入れることが多い。
写真のライティングは、影(影のエッジの幅や方向)を見て判断することが多い。

19:45-21:55 能舞台でのオンカメラでの撮影
ポイント:
新郎新婦が能舞台上で自然光を受けて逆光状態になっているシーン。
逆光を浴びた被写体の影を若干起こすため、また、背景の屋根の質感を出すために、Profoto A1Xをオンカメラで正面から打った。
木の能舞台に反射した太陽光は赤みがかかってしまうため、ストロボを当てることで色被りを緩和するのにも役立っている。

21:55-28:50 ハーフNDフィルターの使い方
ポイント:
能舞台上に座った新婦の白いウェディングドレスに強い直射日光が当たっていて、新婦の顔には光が当たっていない、露出差が大きい状態。
露出差が大きい状態での撮影では、ハーフNDフィルターをレンズの前につけてよく使う。
このシーンでは明るくなっているドレスの部分(下側)にハーフNDフィルターの黒い部分が来るようにして使った。
ハーフNDフィルターでドレス部分の露出を下げて、顔の露出に近づけておくことで、ストロボ光を自然に見せることができる。

28:50-31:20 フェザリングを使ったライティング
ポイント:
白いウェディングドレスは反射率が高いため、自然光のみで撮影すると、被写体の顔ではなく、ドレスに目線が行ってしまうことが多い。
一番見せたい新郎新婦の顔にアンブレラ トランスルーセント Mを取り付けた ProfotoA1X を加えた。
光の芯をあえて被写体からずらしてグラデーション部分を被写体の顔に当たるようにフェザリングしたライティングを使った。

31:20-33:40 自然光とストロボ光の向き
ポイント:
自然光と同じ方向からストロボ光をフィルインライトとして入れることで自然な写真になる。

33:40-41:00 サンセットの撮影
ポイント:
逆光でストロボを前から打つ日中シンクロのような表現をすることもあるが、今回は自然光を生かしながら、自然光と同じ方向からアンブレラ トランスルーセント Mを使った Profoto A1X で自然なハイライトを入れた。
ウェディング撮影では格好良い写真だけではなく、家に飾っておけるスタンダードな一枚も撮るようにしている。

執筆者:: Profoto Japan

このストーリーで使用された製品

Profoto オフカメラ・キット

創造力を翼に
¥153,780 から

アンブレラ トランスルーセント

照射角の広い均一な拡散光を作り出す軽量型アンブレラ
¥8,690 から