よくある質問ーProfoto B10 | Profoto
FAQ

Profoto B10/B10 Plus

ファームウェアをアップデートしたらアプリに接続できなくなりました
Profotoアプリを最新バージョンにアップデートしていただければ解決します。

B10/B10 PlusはBluetooth接続できますか?また、Profotoアプリには対応していますか? 
はい、対応しています。 B10/B10 PlusにはBluetooth機能があり、Profotoアプリでコントロール可能です。Profotoアプリを使えば、B10/B10 Plusのファームウェアアップデートを簡単に行うこともできます。 

いつB10/B10 Plusのファームウェアを更新すればいいですか?
My Profotoアカウントを作成し、お使いのB10/B10 Plusを登録していただければ、新しいファームウェアがリリースされたときにメールでお知らせします。Profoto アプリをダウンロードすると、B10/B10 Plusのファームウェアアップデートがスマートフォンに自動通知されます。アプリを使用してB10/B10 Plusのアップデートを行うこともできます。現時点でProfoto アプリは、iOSのみに対応しています。App Storeから無料で入手可能です。

My Profotoからファームウェアアップデートをダウンロードしたいのですが見つかりません。なぜでしょうか。 
ダウンロードできるファームウェアアップデートを表示させるには、お使いの製品を登録する必要があります。 製品が登録されれば、該当製品のファームウェアが表示され、ダウンロードしていただけるようになります。 

B10/B10 Plusのファームウェアアップデートに失敗しました。
ファームウェアアップデートがうまくいかない場合、macOSまたはWindows向けのアップデート用ファイルをコンピューターにダウンロードし、USB接続して、再試行してください。アップデート用ファイルはMy Profotoからダウンロードできます。ファイルを開き、以下の手順に沿ってアップデートを実行してください。

  1. B10/B10 Plusの電源を切る
  2. バッテリーを取り外す
  3. USBケーブルを接続する
  4. アップデートを開始する。アップデート完了後にUSBケーブルを外す
  5. バッテリーを取り付け、B10/B10 Plusを起動させる

B10のバッテリーとバッテリーチャージャーをB10 Plusに使用できますか? 
使用できます。B10のバッテリーはB10、B10 Plusともに標準バッテリーとしてご使用いただけます。 

B10/B10 Plusとバッテリーを飛行機に乗せて旅行できますか?
はい、可能です。Profoto製品は、渡航先を問わず、航空機の機内への持ち込みが可能です。通常は、バッテリーを手荷物として持ち込むよう指示されます。まれにバッテリー輸送証明書の提示を要求されますので、旅行の際は書類も携帯することをおすすめします。

B10/ B10 Plusはどのカメラで使用できますか?
Profoto B10/ B10 Plusは、Profoto A1/ A1X、Profoto Air Remoteまたは他のトリガーのいずれかと互換性のあるカメラで使用できます。TTL自動調光機能やハイスピードシンクロ機能を有効にするには、お手持ちのカメラメーカーと互換性のあるA1/ A1X またはAir Remote TTL/ Profoto Connect を使用する必要があります。どのカメラと互換性があるのかを確認するには、対応製品一覧のページをご覧ください。新しい撮影体験として、Profoto アプリもおすすめです。アプリをスマートフォンにダウンロードして、Profotoならではのクリエイティブなイメージ作りをお楽しみください。現時点でProfoto アプリは、iOSのみに対応しています。App Storeから無料で入手可能です。 

B10/B10 Plusを他メーカーのストロボと併用できますか?
B10/B10 Plusは、Profoto製品と組み合わせてお使いいただくと、その能力を最大限に発揮します。しかし、どちらも赤外線スレーブセンサーを内蔵しているため、他メーカーでもスレーブモードに設定できるものなら併用可能です。 

B10/B10 Plusは、どのライトシェーピングツールと互換性がありますか?
OCFシリーズ、アンブレラ、RFiソフトボックスがとくにおすすめです。このほか、ほぼ全種類のリフレクターもB10/B10 Plusとともにお使いいただけます。B10/B10 Plusの筐体の前面部は短くフラットなため、ズーム範囲が限定される可能性や、ライティングの演出効果が弱まる可能性がありますので、ご注意ください。大型のライトシェーピングツールの使用はおすすめしません。大型のライトシェーピングツールを使用する場合は、ツールそのものを何かしらの手段で支えてお使いください。また、A1/A1X用のマグネット式アクセサリーは、B10/B10 Plusの規格に合いません。ご不明な点がありましたら、ProfotoまたはProfoto製品を取り扱う販売店までお問い合わせください。 

LED定常光の色温度は、どのように確認しますか?
B10のディスプレイにケルビン数値は表示されません。正確な数値を知りたい場合、カラーメーターで計測することをおすすめしています。実際の色温度は、光の回り具合や、ご使用のライトシェーピングツールの種類によって異なるためです。その上、色温度は個体間で+/-500Kほどの誤差があり、LEDの劣化具合によっても変化します。

Profoto アプリを使って、B10/B10 Plus以外のProfoto Airシステムが搭載されたストロボを同時に操作できますか?
いいえ、できません。

B10 Plusの連続発光はB10と比べてどうですか? 
B10 Plusの連続発光はB10とまったく同じです。 

B10/B10 Plusがヘッドオフのときにモデリングランプを常にオンに保つ方法はありますか?
最も簡単な方法は、設定メニューまたはProfotoアプリからAirをOFFにすることです。こうすると、B10/B10 Plusはマニュアル操作で連続発光するようになります。Airを元に戻すときは、リモート操作はできないので、直接ストロボで操作するか、Profotoアプリで操作する必要があります。

B10/B10 PlusとProfoto アプリをBluetooth接続するときの動作距離 を教えてください。
最大30mですが、周辺状況や電波状況によって異なります。

B10/B10 Plusをワイヤレス操作するときの動作距離を教えてください。
シンクロとリモートコントロールの動作距離は、0.5mから300mです。TTL自動調光やハイスピードシンクロの動作距離は、0.5mから100mです。注意事項:Air RemoteとB10/B10 Plusとの距離が0.5m以内の場合、うまく動作しないことがあります。

どのサイズのRFiソフトボックスでもB10 Plusと組み合わせて使えますか? 
B10やB10 PlusはOCF LSTやProfotoアンブレラのようなポータブルアクセサリーに最も適合するようにデザインされています。ほとんどのRFiソフトボックスはB10やB10 Plusと一緒に使えますが、長方形型3×4、Octa 4’ないしストリップ型1×4以上の大きさのRFiソフトボックスは重すぎるため併用をおすすめできません。

B10 Plusのワット秒の最大出力は何ですか?  
B10 Plusの最大出力は500Wsです。(参照: B1X:500WsB10:250Ws)  

B10 Plusは20チャンネルに対応しますか? 
初期段階では対応していません。ユニットのいくつかは20チャンネル対応にするためにファームウェアアップデートが必要です。アップデートは無料で、操作も簡単です。 最も簡単なのは、iPhone向けのProfotoアプリを使ってアップデートする方法です。 My Profotoからアップデートをダウンロードし、USB接続でアップデートする方法もあります。 

B10 Plusで撮影しながら充電できますか?
はい、可能です。

他にもご不明な点がありますか?
お探しの内容が見つからない場合は、Profotoまでお問い合わせください。