スマートフォンを使ったフード撮影をマスターする方法 | Profoto (JP)

スマートフォンを使ったフード撮影をマスターする方法

25 5月, 2020

料理の見た目・香り・食べたときの感覚が伝わるような フード写真を撮る方法を知りたいですか? スマートフォンと Profoto C1 Plus を使った より印象的なフードのイメージを作る方法について、フォトグラファーの Anders Hannolaからのヒントをご紹介します。

 

Step 1. Profoto camera app で、ホワイトバランスを 4000 Kelvin (ケルビン)以下にセットして、ブルーアワーのような光を作ります。

Step 2. Exposure (露出)を下げて、露出アンダーにします。こうすることで、少しドラマチックな雰囲気を加えます。

Step 3. Profoto C1 Plus を、壁/ 紙/ 段ボールなど 白くて大きな表面に対してバウンスさせます。こうすることで、より大きな光源を作り出し、よりやわらかい光になります。

Step 4. 自分の欲しいブルーのトーンになるまで、ホワイトバランスを調整します。

Step 5. フル CTO (オレンジ) カラーフィルター を取り付けた C1 Plus を加え、違う角度から照射します。こうすることで、暖かな太陽の光が差し込んでいるような感覚を作ります。

ヒント
写真にさらに深みを与えるために、2灯目のC1 Plus の暖かな光を、葉やケーブルなどで遮って、シャドーを散りばめます。

 

執筆者:: Profoto

このストーリーで使用された製品

Profoto Clic カラーフィルター

プレイフルでクリエイティブなイメージを演出
¥6,578 から