環境光とストロボ光をミックスさせる方法 | Profoto (JP)

環境光とストロボ光をミックスさせる方法

22 5月, 2020

屋外のポートレート撮影では、ストロボを使うことで、被写体と背景、両方の最適な露出を保つことができ、より印象的な写真を撮ることができます。また、冬の控えめな太陽の光をリムライトにすれば、より深みを感じる写真を撮ることができます。環境光とストロボ光をミックスさせる方法について、フォトグラファー Hannah Couzens からのヒントをご紹介します。

 

Step 1: 背景に合わせてカメラの露出を設定する。

Step 2: Profoto A1X と アンブレラ ディープ ホワイト を、被写体に合わせてぴったりの位置・角度、好みのライティングでセットする。 

Step 3: ストロボをオンにし、被写体に合わせて露出を調整する。

 

Tip 
いかにもストロボを使った不自然な写真を避けるため、被写体に対して大きなサイズのライトシェーピングツールを使います。こうすることで、よりやわらかい質の光を作り出し、その場の自然な環境に調和させることができます。

 

Written by: Profoto

このストーリーで使用された製品

アンブレラ ディープ ホワイト

やわらかい光を作り出すズーム調整可能な汎用アンブレラ
¥21,890 から

Air Remote TTL

AirTTLライトをカメラに無線で接続
¥63,800 から