High-Speed Sync とは?いつ使うべき? | Profoto (JP)

High-Speed Sync とは?いつ使うべき?

18 5月, 2020

High-Speed Sync(ハイスピードシンクロ; HSS)では、1/200秒を超えるシャッタースピードでフラッシュを使用できます - これは、普通のデジタルカメラの標準フラッシュ同期速度です。 HSSを使用することにより、ドラマチックな空に露出を合わせつつ、被写体も適切な露出にすることができます。

上の左の写真は、環境光のみで撮影したものです。Jared は、露出を被写体の顔に合わせて、適切に照らしました。しかし、この場合、背景が明るくなりすぎてしまいます。この問題をHSS を使用して解決する方法をご紹介します:

Step 1. 
露出を撮影する背景に合わせます。上の右の写真で、Jared は、ドラマチックな空に露出を合わせました(シャッタースピード 1/500秒)ストロボを使用しなければ、被写体はとても暗くなってしまいます。

Step 2. Air Remote TTL をハイスピードシンクロ モードにセットします。Profoto A1X を使用する場合、シャッタースピードを速くすれば、自動的にセットされます。

Step 3. ストロボをオフカメラ で使用する場合 (A1/A1XB10/B10 Plus, B1/B1X, B2)、被写体の欲しいところに光が当たるように置きます。上の写真では、Jared は、ストロボを被写体の右に向けて使いました。

Step 4. OCF ソフトボックス 2x3' を取り付けて (または アンブレラ をA1/A1Xに取り付けて) 、被写体をやわらかい光で照らし、周囲と馴染ませます。

Conclusion
High-Speed Sync(ハイスピードシンクロ; HSS)は、光をコントロールすることです。つまり、HSS なら、その日の天候というよりも、自分のアーティスティックな感覚と意図によって、露出を決めることができるのです。

 

Tip
モーションをフリーズさせるのに、HSSを使用しないようにしましょう。 モーションブラーを防ぎたい場合は、フリーズモードを使用してベストな結果を得ることができます。

 

 

Written by: Profoto

このストーリーで使用された製品

OCF ソフトボックス 長方形型

オフカメラ・フラッシュ用として人気のある汎用ソフトボックス
¥29,150

Air Remote TTL

AirTTLライトをカメラに無線で接続
¥63,800 から