コードレス型オフカメラ・フラッシュで自由な撮影を体感

スピードライトとモノライト双方の優れた点を集約した、まったく新しいタイプのフラッシュが、Profotoのオフカメラ・フラッシュシリーズです。AirTTL機能を搭載し、TTLモードで撮影を自動化したり、ハイスピードシンクロ (HSS) で日中シンクロを行ったりできます。

コンパクトでパワフルなライトと、使いやすさと持ち運びやすさを第一に設計されたOCF ライトシェーピングツールを用いて撮影を行ってみてください。その利便性に驚かれることでしょう。パワーと携帯性が両立するB10、世界中のフォトグラファーに愛されるロケーション撮影用のシンボルB1X、機動性に優れたジェネレーターとヘッドのB2という3種類のオフカメラ・フラッシュをご用意しています。

  • パワーと携帯性の両立
  • ロケーション撮影用のシンボル
  • 携帯性に優れたジェネレーターとヘッド
  • Profoto B10
    パワーと携帯性の両立

    Profoto B10は、このクラスのストロボとして最小/最軽量オフカメラ・フラッシュです。カメラレンズと同等の大きさと形状の筐体に、スピードライトの5倍の出力を搭載しました。LED 定常光を内蔵し、動画撮影にも使用できます。Profoto B10 はパワーと携帯性を両立した究極のライトです。

    推奨:ロケーション撮影
    よく使われる用途:ポートレート、ウェディング、イベント
    バリエーション:250Ws

    詳細
  • Profoto B1X
    バッテリー式TTLフラッシュのシンボル

    ロケーション撮影に最適なProfoto B1Xは、バッテリー式コードレスモノライトの基準を再定義します。TTLとHSSを両方使用できるため、どんな場所のロケーション撮影でも最高のライトシェーピングを行うことができます。あらゆる撮影地で威力を発揮します。

    推奨:ロケーション撮影
    よく使われる用途:ポートレート、ウェディング、スポーツ&アクション
    バリエーション:500Ws

    詳細
  • Profoto B2
    機動性を重視するフォトグラファー向けのTTLフラッシュ

    予測のつかないことが起こることが多いロケーション撮影では、自分の足で迅速に行動し、素早く環境に適応することが重要です。汎用性と携帯性に優れ、TTLとHSSを搭載したバッテリー式B2を使用すると、動きながらの撮影が可能になり、常に一歩先の行動が可能になります。

    推奨バリエーション:ロケーション撮影
    よく使われる用途:ポートレート、ウェディング、イベント
    バリエーション:250Ws

    詳細
ガイド

製品選びのヒント

以下の簡単なガイドを参考にしていただくと、お客様のニーズに適したオフカメラ・フラッシュを見つけることができます。

ガイド

B10を選ぶ理由

B10は、Profoto 最小・最軽量のオフカメラ・フラッシュです。カメラレンズと同等の大きさと形状の筐体に、スピードライトの5倍の出力を搭載しました。Profotoアプリとのスマート接続により、ファームウェアを簡単に更新し、スマートフォンでリモートコントロールやクリエイティブな写真撮影が可能です。

ガイド

B1Xを選ぶ理由

B1Xは、TTLとHSSを搭載したバッテリー式コードレスモノライトです。3 kgと扱いやすい重量ながら、信頼のおけるパワーとスピードを誇ります。どんな場所でどんな被写体でも自由かつ柔軟に撮影できます。

ガイド

B2を選ぶ理由

機動性を重視するタイプのフォトグラファーには、B2がおすすめです。TTLとHSSを搭載した小型で軽量のB2は、ヘッドを手で持ちジェネレーターを肩に持って撮影できるので、アシスタントがいない撮影も簡単です。

ガイド

出力の選び方

通常、B10やB2の250Wsという出力で十分に撮影を行うことができます。ただし、被写体から離れた場所にライトを設置する必要がある場合や、ソフトボックス 120x180cmなどの大型ライトシェーピングツールを使用する場合には、B1Xが誇る500Wsの大出力が力を発揮します。

アクセサリー

オフカメラ・フラッシュ用アクセサリー

ライティングオプションが多いほど、ライトシェーピングコントロールとクリエイティビティをより自由に発揮できます。オフカメラ・フラッシュは当社のAirTTLシステムの一部であり、ハイエンドのライティングオプションを提供しています。120種類を超えるライトシェーピングツールと専用デザインのバッグを利用すれば、あらゆる機材をロケーション地で簡単・迅速にセットアップできます。

写真: Karl Gough

Air システム

Air Remoteを使用することで、フラッシュをカメラから直接同期・制御できます。出力の調整、モデリングライトの点滅や、複数のストロボのトリガーを、最大300 m離れた場所から行うことができます。さらに、AirTTL Remoteでは、自動TTLモードで撮影したり、HSSで日中シンクロを行うことができます。

Air Remote TTL

AirTTLライトをカメラに無線で接続
すべてのAir Remoteを見る
写真: Laurent Hini

OCF ライトシェーピングツール

当社では、軽量かつ携帯性に優れ、使いやすいライトシェーピングツールを幅広くご用意しています。オフカメラ・フラッシュと併用することで、ライトシェーピングの幅が広がります。ソフトな光、ハードな光、被写体を際立たせる光、ドラマチックな効果を与える光など、あらゆるライトシェーピングをコントロールできます。

OCF ズームリフレクター

当社フラットフロントライトにパワーを追加

OCF ソフトボックス 長方形型

オフカメラ・フラッシュ用として人気のある汎用ソフトボックス

OCF ビューティーディッシュ ホワイト

オフカメラ・フラッシュ用の携帯ビューティディッシュ
すべてのライトシェーピングツールを見る
写真: Karl Gough

アクセサリー

専用バッグで、ケーブル、フラッシュチューブ、グラスカバーなどの機材や、その他の小物類をすべてまとめることができます。

バックパック M

ライトをロケ地に持って行く際に携帯可能なバックパック

カーチャージャー 1.8A

B1/B1XおよびB2バッテリー用カーチャージャー

コンパクトスタンド

コンパクトなアルミニウムスタンド
すべてのアクセサリーを見る
舞台裏に密着 小さな太陽を持ち出そう

小さな太陽を持ち出そう

パワフルなB1XとOCF ハードリフレクターを使用して、Tim Kempleがマヨルカ島で驚異的な撮影に挑みます
舞台裏に密着 B1X とOCF ビューティーディッシュを使って魔法をかける

B1X とOCF ビューティーディッシュを使って魔法をかける

舞台裏に密着 Chan Kitが語る香港ラブストーリー

Chan Kitが語る香港ラブストーリー

Chan Kitは、Profoto B2とOCF ビューティーディッシュを使用して、4つの場所で情熱的なカップルのポートレートを演出しました。
舞台裏に密着 どんな場所でもクリエイティブに

どんな場所でもクリエイティブに

Michael AnthonyがOCF シリーズを使って3つのウェディングポートレートを撮影
舞台裏に密着 Pauline Darleyがパリでファッション撮影

Pauline Darleyがパリでファッション撮影

使用機材はB2とSony α7R II