A1をシステムの一部として使用:ニューヨークの壮大なスカイライン

19 9月, 2017

執筆者:: Seth Chandler

ポートレート&ウェディングフォトグラファーのSal Cincottaは、映画のように壮大な景色を舞台に花嫁を主役としたカップルの撮影を行います。それが彼の写真の特徴の一つであり、カップルがSalに撮影を依頼する理由でもあります。ニューヨークを彩る地平線を背景に、摩天楼の屋上で撮影を行います。

沈みゆく太陽の中で撮影します。そのため、Salは2台のA1と強力なB1Xを1つのシステムとして連動させ、機敏に動く必要がありました。「夕暮れはニューヨークの最高の瞬間ですが、周辺光が急速に弱まっていくということでもあります」と彼は撮影を振り返ります。「太陽は建物の裏に沈み、屋上を照らす光が消え、完全に影に入りました。カップルが都市のスカイラインから浮き出て見えるように、光をコントロールし、2人を背景から切り離したかったのです」

そこで、Salはまず、モデルのウェディングドレスのバックライトとなるように1台のA1をカップルの背後に設置しました。次に、OCF ビューティーディッシュ ホワイト 60cmを取り付けたB1Xをフレームの右側に置きます。これにより、新婦のたなびくドレスが細部まで際立ち、2人の顔の周りの影はかすかになり、新郎のダークスーツのディティールを浮き彫りになりました。

2台目のA1はカメラに取り付け、2つの役割を持たせました。1つ目の役割は、Air Remoteのトリガーとして、ライトのコントロール。2つ目は、ドレスとスーツのディテールをさらに際立たせるための、やわらかいフィルライトとしての役割です。さらに、ストロボのヘッドにドームディフューザーをワンタッチで取り付けます。A1はアクセサリーなしでもとてもやわらかい光ですが、ドームディフューザーをつけることにより、一層のやわらかみが加わりました。これにより、背後の空が明るくても、影とモデルの肌のトーンをできるだけ自然に見せることができました。

「A1はフィルライトとして完璧でした。ラウンドヘッドなので、自然な感じの光になるんです。他社のストロボでは、どうしても光が人工的な感じに見えてしまいます」とSalは語ります。

リサイクリングタイムは常に重要な要素

A1は一般的なクリップオン・ストロボに比べ、リサイクリングタイムが4倍速いです。沈みゆく太陽の中でもSalは撮影で大きなアドバンテージを得ることができました。「光が完璧で、ドレスも良い具合にたなびき、2つの要素が完璧に調和したら、最高の瞬間を見逃す余裕なんてありません」と彼は言います。

「また、AirTTLの使用により、露出を固定し、手動で細かい調整を加えることもできました。その結果、合わせるべき場所に焦点を絞り、クリエイティビティを発揮して、可能な限り最高の結果を届けることができました」

執筆者:: Seth Chandler

このストーリーで使用された製品

OCF ビューティーディッシュ ホワイト

オフカメラ・フラッシュ用の携帯ビューティディッシュ