写真: Sal Cincotta

ポートレート

Profoto A1を使用すれば世界が私のスタジオになる

19 9月, 2017

執筆者:: Seth Chandler

フォトグラファー、起業家、パブリッシャー、教師、ニューヨーク風の物腰で弁舌さわやかなニューヨーカー。さまざまな側面を持つSal Cincottaは、せわしなく動き、早口で自分の意見や説明、洞察を捲し立てる典型的な都市型人間です。私たちは電話で1時間のインタビューを行い、彼の撮影術について質問しました。また、Profotoの新製品の A1が「今後の撮影方法を変える不朽の名機になる」とまで彼に言わしめたのはなぜなのか、理由を伺いました。

絶好の撮影日和と最高の撮影舞台

Salは、数年ほど趣味で風景写真を撮影した後、プロのウェディング&ポートレートフォトグラファーになろうと決心しました。風景写真で培った経験と、人生で最高の瞬間を輝かせたいという花嫁の夢を組み合わせれば、商売になると思ったのです。彼のウェディング写真は、映画のようなシーンを舞台にします。その中で、新郎新婦 (特に花嫁) が美しく輝いています。
「花嫁は私の所に来ると、2人の物語をとてもドラマチックに語ってくれます」と彼は言います。「そして私の作品集を指差し、口々に『私もこんな風に撮ってほしい』と言いますが、指差すのはいつもとても大きなポートレートなんです」

「電流が走るような衝撃でした」

Salに世界最小のスタジオライトA1の試し撮りを依頼したとき、彼はそのコンセプトに興味を持ってくれました。しかし、A1をカメラに取り付けて使用することに関しては、難色を示しました。彼 (およびその他多くのフォトグラファー) にとって、オンカメラ・フラッシュはどこか人工的で平坦な印象があり、魅力に欠ける気がするからでした。「もう何年も、ストロボはカメラから取り外して使うように教えてきました」と彼は言います。

ところが、チャイナタウンの雑踏で最初の試し撮りを始めると、前言を撤回しました。「すぐに写真を誰かに見せたいと思いました。電流が走るような衝撃でした。こんなオンカメラ・フラッシュは見たことがありません。美しくやわらかい光でした。セットアップも簡単で、むしろほとんどいらないくらいです。複雑な操作もなく、簡単に撮影ができましたね」

フレームに龍の舞いの踊り手たちが加わると、色彩と躍動感がさらに素晴らしいものになりました。A1をカメラに取り付けたまま、Salは自由に動き回り、巧みに構図を変え、万華鏡のようなシーンを最大限に活かした撮影をしました。チャイナタウンの雑踏がSalのスタジオになったのです。

「この撮影で欲しかったのは、色彩感と躍動感にあふれた明るく強烈な絵。広角でも近接でも、そんな写真を撮影したかったんです。うまく行きましたね」とSalは言います。

「躍動感にあふれ、めまぐるしく変化する環境で撮影するには、A1の汎用性とパワーが必要でした。こうした汎用性がなければ、決定的瞬間を逃してしまっていた場面もあったでしょう。」

箱から出してそのまま撮影開始

Salが次に驚いたのは、撮影を開始できるまでの時間でした。新しい機材を使うときには、最初は誰しも試行錯誤します。しかし、今回はその時間が圧倒的に短かったのです。取扱説明書を読まなくても、Salはニューヨークを象徴する{j}摩天楼に囲まれたビルの屋上、グランドセントラル駅、ブルックリンブリッジでポートレートを撮影できました。

 

「A1を箱から出したらすぐに街に出ました。でも、撮影しているうちにすぐに使い方が分かってきました」と彼は言います。「ほとんどのオンカメラ・フラッシュでは、複雑なメニュー操作に悩まされますが、これはメニューが2つだけ。普通は箱から出してカメラに取り付け、すぐに撮影ができるなんてことはありえません。でも、A1ならそれが可能なんです」

取扱説明書も読まず、箱から出して初めてオンカメラ・フラッシュを使っても、優れた結果を残せることが想像もできないなら、他のライトと組み合わせる作業も移動しながら行えるなんて、さらに想像の先でしょう。往来の激しい公共の場では、ニューヨーク市警から立ち退きを迫られるまで、わずか数分しかない場合も考えられます。

しかし、4つのロケ地でSalはそれを実現したのです。オンカメラ、オフカメラ、そしてシステムの一部として使い、十分にA1のテストを行うことができました。優れた持ち運びやすさと、持続力がありリサイクリングタイムの短いリチウムイオンバッテリーのおかげで、どんな決定的瞬間もとり逃がすことはありませんでした。

長い1日が終わる頃、A1の機能を駆使することで、世界最大の都市はSalの個人スタジオに変貌していました。「A1は今後の撮影方法を変える不朽の名機になるでしょう」と彼は言います。「ニューヨークでうまく行くなら、どこだって使えるはずです」

 

執筆者:: Seth Chandler

このストーリーで使用された製品

Profoto A1

Soft Bounce

Dome Diffuser