ポートレート

Profoto A1をオフカメラで使用:ブルックリン橋

19 9月, 2017

執筆者:: Seth Chandler

撮影場所の使用時間が限られている時や、被写体に時間がない時には、スピードは時に重要です。ブルックリン橋では、何ヶ月も前から予約し、許可を得るために支払う多額の予算を確保していない限り、ニューヨーク市警がすぐに駆けつけ立ち退きを要求されます。ですから、迅速な撮影が要求されます。そこで、目立たず、撮影範囲を広げず、準備と撤収を素早く行う必要があります。

ここでも、Profoto A1はその万能性を発揮してくれました。フォトグラファーのSal Cincottaは、2台のA1を使用して、有名なランドマークを自分のスタジオに変えました。「ドラマチックなポートレートを演出したかったのです」と彼は言います。「ブルックリン橋では何か変わったことをしようとしても難しいのですが、自分だけの独自の演出を試みたいと思いました。同時に、ニューヨークが持つ都市のエネルギーを写真にそのまま写し込みたいと思っていました」

撮影は夜間に行われました。最初に1ショット撮影してみると、シーンの雰囲気と色にマッチするようにライトを追加する必要があることがわかりました。そこで、2台のA1に暖色系のCTOカラーフィルターを取り付け、1台をバックライトとしてモデルの背後に設置し、もう1台をカメラに取り付けました。A1はとても使いやすいため、Salの仕事はイメージ通りの写真が撮れるように集中することだけでした。「A1をカメラから取り外して背後に設置することで、カップルに視線を誘導するリードラインが得られました」と彼は語りました。

2枚目は、カップルに近づいて撮影します。3台のA1を使用しました。1台はカメラに取り付けてトリガーとしてのみ使用し、他の2台はのモデリングライトを使用しました。1台目のオフカメラA1には、暖色系のCTOカラーフィルターを追加し、温かみのあるやさしい光を演出しました。2台目のオフカメラA1には、カラーフィルターは付けず、背景とカップルを分離するためのリムライトとして、カップルの背後に設置しました。カップルの背後に設置したA1には暖色系のカラーフィルターは付いていないため、光は寒色系となり、カップルを背景と切り離すリムライトが、まるで背後のマンハッタンの光であるかのような印象を与えました。

それぞれまったく異なる3つの方法でA1を使用することにより、Salは世界で最も有名な場所で独自の視点を発揮するという、イメージ通りの結果を出すことができました。

執筆者:: Seth Chandler

このストーリーで使用された製品

新製品

フィルターキット

ロケ撮影でもA1に取り付けて色補正が可能
新製品

ワイドレンズ

A1でやさしい拡散光を作り出す