ポートレート

Meg LoeksがProfoto A1を用いて状況にぴったりな光を作る

13 6月, 2018

執筆者:: Meg Loeks

このストーリーやその他を読む ログインまたは無料で登録する

アカウントを作成しないを選択すると、限定記事にはアクセスできなくなります。

「最適な光を作る」シリーズでは自然光で撮影を行なっていたMeg Loeksが、Profoto A1を使って新しい表現を得るまでの過程をご紹介します。 2015年以来、その高い技能によりクリックプロ・ネットワークのプロフェッショナル・フォトグラファーのメンバーとなっているMegは、米国ミシガン州に拠点を置き、夫と3人の息子、そして愛犬のセント・バーナードと共に暮らしています。Megは自然、ライフスタイルの撮影に魅力を感じており、ムーディーなロー・キー、色使いを得意とします。Megは地元の四季折々の美しい雰囲気から多くのインスピレーションを受けています。毎日の暮らしの中にある自分の子供たちの姿や、周囲の自然を表情豊かに捉えます。

光の実験が創造力を膨らますA1を使う前は、自然光に左右された撮影をしていました。そして他の多くのフォトグラファー同様、バックライトが好きです。雨のような要素を加えることができたら最高です。

真昼を夜に変身させる

この撮影では、数秒のうちに真昼を夜に変えました。全て私の家のバックヤードで起こったことです。2台のA1をホーズで遊ぶ息子のLeoの真後ろに置きました。A1を守るために、傘を被せます。3台目のA1をオンカメラで使い、Leoに当てます。バックヤードにはオンカメラのA1の光をバウンスさせるものがないため、ソフトバウンスを使って光を和らげます。

いつも通り、オンカメラのA1から離れたところにあるA1をスムーズにコントロールできました。これにより、自由に動き回り、思い通りの写真を撮ることができました。撮影中には、Leoの体の後ろにA1が隠れるように注意しました。こうすることで、綺麗なリムライトを水と戯れるLeoに作れます。

では、晴れた昼間を夜に変えたとはどういうことでしょうか?つまり、A1が太陽に打ち勝ったということです。加えて、バックヤードに並ぶ木々により暗い背景が生まれました。セットアップはシンプルで、数秒のうちに背後からライティングされたゴージャスな水しぶきを撮ることができました。

その瞬間を止める

今回A1で撮影した写真の中で、一番のお気に入りがこの写真です。全てが美しく、簡単に進みました。私たちの家の後ろにある草むらで、息子と愛犬を撮影しました。息子たちはJuniに水浴びをさせるのが好きなので、ホース、水、泡を用意しました。日が沈む数時間前でしたが、ゴールデンアワーのようなバックライトを作りたいと思っていました。A1を後ろの森に置き、CTOフィルターを付けました。このA1はフレームの角に来るようにして、光が木々の間を通ることでソフトで自然な雰囲気を出しました。

加えて、A1をトリポッドに取り付けて、息子たちの右側に置きました。アンブレラ ディープ トランスルーセント Lをつけて、光をやわらかくします。A1がなければできなかったことです。空が開けているので、いつもは平面的な光で撮影するしかありませんでした。A1を使うことで、息子たちの顔に指向性のある光を照射できました。

3台目のA1はリモートとして、他のA1のコントロールに使いました。HSSモードは素晴らしいと思いました。絞りを開きながらも、露出オーバーにならずに撮影できます。オンカメラのA1でHSSモードを設定したら、シャッタースピード1/320で、絞りはほぼ全開放の状態で撮影できます。セットアップはほんの数分。実際にはゴールデンアワーの数時間前でしたが、息子たちがJuniを洗っている様子を、あたかもゴールデンアワーの霞のような雰囲気の中で撮れました。

最適な光を作る

この撮影を行う前は、疑っていた部分もありました。自然光のみで撮影してきたフォトグラファーとして、いつも時間と天候に左右されてきました。人工的な光に対しては先入観がありました。A1を使って、やわらかく自然な光を作るなど不可能だと思っていました。いつも走り回っている3人の男の子を撮影するのに、A1がどんなに役立つか想像がつきませんでした。

しかし、A1は全てを変えました。シンプルで軽量なデザインで、どこにでも持っていくことができます。一瞬でやわらかく指向性のある光を作り出せます。地下室での撮影が私にとって大きいものでした。この撮影を通じて、自然光が入る部屋以外でも撮影できることに気付きました。今までできなかった場所での撮影が可能になりました。いつも避けていた時間帯に撮影ができるようになりました。さらに、私の撮影に柔軟さを与え、いつでも、どこでも撮り逃がすことがなくなりました。

執筆者:: Meg Loeks

このストーリーで使用された製品

新製品

ソフトバウンス

A1でやわらかく美しい光を作り出す
新製品

ドームディフューザー

A1の光をやわらかくし、メリハリを効かせる

アンブレラ ディープ トランスルーセント

拡散光を作り出すズーム調整可能な汎用アンブレラ

アンブレラ ディープ ホワイト

やわらかい光を作り出すズーム調整可能な汎用アンブレラ
新製品

フィルターキット

ロケ撮影でもA1に取り付けて色補正が可能