クラムシェルライトの作り方 | Profoto (JP)

クラムシェルライトの作り方

18 5月, 2020

クラムシェルライトでは、被写体の正面に2つの光源を置きます。影を最小限に抑え、照らし輝かせます。クラムシェルライトの作り方について、Hannah からのヒントをご紹介します。

Hannah のライティング機材: Profoto D2 と2つのライトシェーピングツール - RFI ソフトボックス オクタ型 と 折りたたみ式リフレクター ホワイト

Step 1: 顔と頬骨にわずかな陰影を作るため、Profoto D2 を バタフライライト で被写体の真正面に置きます。


Step 2: 鼻下(鼻〜上唇の間)と顎、頬骨に影が現れるまで、ライトの高さを上げます。

Step 3: 上からの光を均一にするため、被写体の顔の下にリフレクターを置きます。

 

Tip 
リフレクターの色は、被写体の瞳に余分なボトムキャッチライトが生じないものを選ぶこと。この写真では、Hannahは白色のリフレクターを使用しています。

Written by: Profoto

このストーリーで使用された製品

RFi ソフトボックス オクタ型

人物を際立たせるポートレート撮影に最適
¥31,790 から

リフレクター ゴールド/ホワイト

ストロボ光や日光を反射させるライトシェーピングツール
¥11,990 から