ニューボーンフォト - Germán Arce と Profoto B1 | Profoto (JP)

ニューボーンフォト - Germán Arce と Profoto B1

17 7月, 2017

執筆者:: Carlos Arnaiz

ニューボーンフォトは、特別な配慮が必要な撮影ジャンルです。生まれたばかりの赤ちゃんは、最もデリケートなモデルであり、適切に保護しなければなりません。そのため、低出力での撮影が可能で、より自然な光を作り出せる、信頼性の高い安定した機材が必要となります。

自然光を使った撮影から、Profotoの "自然な光" を使った撮影へとシフトした、ニューボーンフォト分野のトップエキスパート Germán Arce にお話を伺いました。

撮影

Germán Arce は、長年にわたり "自分の写真を特徴づける自然光" を使用した撮影に取り組んできましたが、ある時、自分の撮影スタイルを刷新しようと決意しました。「生まれたばかりの赤ちゃんの撮影は、毎回3時間に及ぶ冒険のようなものです。最高の結果を得るためには、あらゆることを考慮する必要があります。テクニカルな側面を気にせずに、対人的な側面に集中できるような、信頼できるライティング機材を探していました」と Germán は話してくれました。

チャレンジ

できるだけ自然な肌色を再現することがゴールだったので、Profoto のライトを選びました。「はっきりとしたハイライト、そして暗部へのなだらかな減光を作りたかったです」浅い被写界深度と、広い絞りで撮影して、やわらかい写真に仕上げることで、撮影スタイルに一貫性を持たせることができました。

ソリューション

「Profoto B1 は撮影で求めていたすべてを叶えてくれました。とても低い出力で撮影できるので、これまでと同じように、絞りを大きくして、やわらかい写真に仕上げることができました。光の質、安定した色温度と出力により、撮って出しでも色の整った写真を撮ることができます」と Germán は言います。ケーブルが邪魔にならずに快適に作業ができるのも、Germán が Profoto B1 を選んだ理由です。

ニューボーンフォトの撮影には、どのようなライトシェーピングツールを選べば良いのでしょうか?「RFi ソフトボックス 90X120cm は、なだらかな減光の、やわらかい光を作り出すことができます。より大きなサイズになると、光のコントロールが難しくなってしまいます」

彼の機材への評価は、非常にポジティブなものでした。「私たちの撮影は、間違いなく進化を遂げました。不安定な自然光を使った不確実な撮影から、ライティング機材を使って"自然な光"を確実に作り出す撮影へとアップグレードしたのです」

 

執筆者:: Carlos Arnaiz

このストーリーで使用された製品

OCF スピードリングアダプター

OCFソフトボックスとOCF ビューティーディッシュを取り付ける際に使用
¥12,078

Air Remote TTL

AirTTLライトをカメラに無線で接続
¥54,780 から