Clic ソフトボックスで人物撮影 | Profoto (JP)

Clic ソフトボックスで人物撮影

24 1月, 2022

執筆者:: Profoto Japan

ウェディングやファッションなど、一般の方の撮影からプロのモデルを被写体とした広告写真まで、幅広いポートレートを手掛けているフォトグラファーの SHUN。今回 Profoto A10 を使った実践的な技を紹介するために、七五三撮影を想定してひと組のご家族を撮影。居宅や神社での撮影を行った。

本記事では、新発売の Clic ソフトボックス オクタ型を使った撮影の模様を紹介する。

Clic ソフトボックス オクタ型は、Profoto A1/A1X/A10 をマグネットで装着でき、ワンタッチで組み立て&分解可能。これまでソフトボックスは組み立てが面倒で時間のないロケ撮影では諦めていたという方にも、やわらかい光をすぐに作り出すことができる強力な助っ人になるはずだ。

居宅の和室で、自然光が差し込む襖を背にして座った袴姿の男の子を撮影。背景の襖が飛ばない明るさでカメラの露出を決めた上で、自然光と同じカメラから向かって左手前方向から、Clic ソフトボックス オクタ型を取り付けた Profoto A10 を加えた。

Profoto A10 なしの写真

やわらかい光で男の子が包み込まれながらも、やわらかい影で立体感はしっかり出て、凛とした袴姿が美しい一枚に仕上がった。

Profoto A10 を使用した写真

神社での参拝シーンの撮影からも Clic ソフトボックス オクタ型を活用した一枚ご紹介。

ちなみに、Clic ソフトボックス オクタ型にはハンドルがあり、手持ちでの撮影も、スタンドに取り付けての撮影もどちらも可能。ハンドルにはライトの角度を調整できる機能もついているため便利だ。

木漏れ日が美しく落ちる神社の本殿前での撮影。

木漏れ日の濃淡が消えない少し暗めの露出で背景の明るさを決めた上で、Clic ソフトボックス オクタ型を取り付けた Profoto A10 を、カメラから向かって左手側から加えた。

Profoto A10 なしの写真

元気に手を上げた男の子がやわらかい光で描き出され、カメラから向かって右側にやわらかく影が落ちることで立体感が生まれた。

Profoto A10 なしの写真では、男の子が影の中に入っているため、青っぽい色味の冷たい雰囲気で男の子が写ってしまっていたが、Profoto A10 を加えることで、背景の木漏れ日と同様の暖かい色味で男の子を元気よく描き出すことができた。

Profoto A10 を使用した写真

ワンタッチでやわらかい光を作り出すことができる Clic ソフトボックス オクタ型を、ぜひ色々な場面で活用してみてほしい。

執筆者:: Profoto Japan

このストーリーで使用された製品

Clic ソフトボックス オクタ型

やわらかい光をワンクリックで
¥39,930