あるフォトグラファーの一週間:月曜日ースポーツ撮影

15 6月, 2017

執筆者:: Jens-Linus Lundgren-Widén

フォトグラファーとしての毎日は、挑戦の連続です。ポートレート、スポーツ写真、ファッション撮影。その日がどんな日であったにせよ、一日の終わりはいつも変わらず最高の一枚とともに締めくくらなくてはいけません。ファッション、ポートレート写真家である Andreas Lundberg の1週間をご紹介します。世界最速のTTLモノライト D2 を使い、彼がどの様に撮影を乗り越えたかをご覧ください。まず、月曜日はアドレナリンのあふれ出る動きで満たされたスポーツ撮影を行いました。

Andreas Lundbergにとって、写真撮影はライフスタイルそのものです。彼にとってはどんな日常の一場面も写真の題材です。それが彼のDNAなのです。その情熱は、彼が腕に「ISO」というタトゥーを入れていることからもうかがい知ることができるでしょう。

Andreasは、ストックホルムを拠点に活動するファッション、ポートレート写真家です。雑誌、ハイファッション、ビューティー、広告、ポートレート、スポーツなど様々な撮影を行っています。しかしどんな種類の撮影でも、彼は妥協しません。自らの写真の特徴であるクリスピーでコントラストの効いた1枚を常に追い求めています。そのためには、彼自身が情熱的で勤勉であることはもちろんのこと、それだけでなくスピードがあり信頼できて、かつ融通のきく機材が必要です。

撮影

月曜日の撮影は、ストッックホルムにあるディライトスタジオで行われました。体操連盟から依頼を受け、スピード感のある軽快なイメージで連盟に所属する選手たちを撮影することになっています。アンドレアスは、若い選手たちの体操に対する情熱をうまく表現したいと思っていました。

彼がイメージした完成像は次のようなものでした。「選手たちの体が作り出す動きのダイナミックさに圧倒されました。彼らの動きやエネルギーをそのまま切り取った写真を撮りたいと思いました。」

彼は、選手たちを最高にクールに見せたかったので、写真にはダイナミックさが必要でした。選手たちが汗の粒を流しながらポーズを決め、チョークが宙に舞う様子を時間が止まったかのように捉えた写真です。美しいライティングを行うことで、写真に雰囲気を加えることができました。

課題

スポーツ撮影は、様々なものが要求されます。動きが多く、動作を逃さないように注意しなければなりません。フォトグラファーにとって最大の失敗は、特別な一瞬を逃すことです。動作の途中でストロボが発光するかなどを心配している暇はありません。スピードがものを言う世界です。

今回の撮影場所の光の状態は少し複雑でした。美しいけれどとても強い環境光があり、Andreasはその光を写真に取り込みたいと思っていました。

「すべての写真おいて、自然光の感じを取り入れたいと思っています。もちろん、ほとんどの写真でフラッシュは使いますが、不自然なライティングはしたくないんです。」とAndreasは言います。

彼のアイディアを実現するためには、高速連写可能なカメラとそれに充分追随出来るストロボが必要でした。「最速の機材を持っているという自信があると、より創造的に撮影を行うことができますね。」とAndreasは撮影を振り返っています。

ソリューション

選手の情熱、アドレナリン、そして動きを捉えるために、8灯もの D2 を使いました。1灯はズームリフレクターを取り付けてバックライトに、2灯はメインライトにとしてRFi ソフトボックス 30x120cmを取り付けました。

ハイスピードシンクロ機能を使い、左側の窓から差し込む光を上回るパワーのストロボを発光し、コントロールの効いた撮影を行うことができました。その他のD2には、CTOカラーフィルターを使い朝日のような暖かい雰囲気を作り出し、背後の窓から照射します。Air Remote TTL-C を使って、D2のバーストモードで連続で撮影しました。

執筆者:: Jens-Linus Lundgren-Widén

このストーリーで使用された製品

ズームリフレクター

当社ロングセラーのライトシェーピングツール

OCF ソフトボックス ストリップ型

オフカメラ・フラッシュに取り付け、エッジライトやリムライトに

RFi スピードリングアダプター

RFiソフトボックスを取り付ける際に使用

Air Remote TTL

AirTTLライトをカメラに無線で接続