ファッション

あるフォトグラファーの一週間:水曜日ーファッション撮影

15 6月, 2017

執筆者:: Jens-Linus Lundgren-Widén

フォトグラファーとしての毎日は、挑戦の連続です。ポートレート、スポーツ写真、ファッション撮影。その日がどんな日であったにせよ、一日の終わりはいつも変わらず最高の一枚とともに締めくくらなくてはいけません。ファッション、ポートレート写真家であるAndreas Lundbergの一週間をご紹介します。世界最速のモノライトD2を使い、彼がどの様に撮影を乗り越えたかをご覧ください。水曜日はファッション撮影です。屋外でのロケ撮影で、限られた時間の中で撮影する必要がありました。

フォトグラファーにとって、スピードというのは一つの言葉で言い表せるものではありません。閃光時間、フリーズモード、ハイスピードシンクロ。これらはすべてスピードの大切な要素です。Profoto D2モノライトは、特許取得済みTTL機能を搭載し、撮影のワークフローのスピードを上げることができます。狙いを定めてシャッターを切るだけで、ストロボが自動調光され、適正露出が得られます。ボタンを押すだけでワンタッチでマニュアルモードに切り替えることができ、TTLモードで得られたセッティングがそのままマニュアルモード時に引き継がれるため、撮影をスムーズに進めることができます。

ロケーション撮影では、環境光に頼りすぎたくない方も多いかと思います。太陽に翻弄されてしまうこともよくあります。撮影者が望まない場所に影やハイライトができてしまったり、雲やビルの陰に太陽が隠れてしまったりするかもしれません。光をコントロールするためには、信頼のできるスピードあるストロボが必要です。

撮影

ストックホルムの旧市街・ガムラスタンは、石畳の小道が広がり、歴史的建造物が立ち並ぶ素晴らしい撮影地です。木曜日、Andreasは雑誌掲載用のファッション撮影を行いました。動きの感じられる写真にしてほしいというのがクライアントからの要求でした。

二人のモデルが滑りやすい石畳の小道を走ることで、ランウェイを疾走する様子を再現しました。女性モデルのドレスは、そよ風のベールのようになびいています。Andreasはその動きを完璧に、鮮明に捉えたかったので、スピーディなストロボが必要でした。モデルの髪と洋服を、しかるべきタイミングでフリーズさせることが、今回の撮影のミッションです。歴史を感じさせる街並みは美しい背景となりましたが、一方で観光客で溢れかえっているところが問題でした。

課題

ロケ地にはたくさんの旅行者がいたので、素早くセッティングを行い、速やかに撮影を進めていく必要がありました。それに加えて、太陽の強い直射日光が建物に当たって反射するため、刻々と変化する環境光の中での難しいライティング条件の中での撮影となりました。

「一番大変だったのは、太陽光によって壁や像が次から次へと違うトーンに変わっていったことです。環境光をコントロールするための策が必要でした。」また、撮影は丸一日かかる予定だったので、太陽の位置が変わっていくことが予想されました。撮影終了間際には開始時のコンディションとは全く異なっていましたが、Andreasはすべての写真で同じ雰囲気に仕上げなくてはいけませんでした。

ソリューション

プロフォトのD2を使えば、1灯のストロボのみで状況を大きく変えることができます。D2には500Wと1000Wの二つの出力タイプがありますが、Andreasは環境光を上回るパワーを得ながら、モデルの動きをシャープに止めるスピードが必要だったので、1000Wタイプを使いました。アンブレラを好んで使うAndreasは、D2 1000 AirTTLにアンブレラ ディープ シルバー XLを取り付けて使うことで、モデルを背景から浮き立たせました。

「私が新しいD2モノライトを購入する決め手となったのは、ライトのセットアップを非常に迅速に行うことができることです。今日の撮影でも、通りの角にあるアンティークショップでコンセントを借り、プラグを差し込んだだけで準備は完了しました。撮影準備はものの数分で完了しました。」

カメラにAir Remote TTL-Cを取り付ければ、D2本体と離れた場所からでもD2の設定を変えることができます。TTLモードで適正露出になる光量を測定し、最後にマニュアルモードで微調整を行えば、露出計なしで思い通りのセッティングができます。

執筆者:: Jens-Linus Lundgren-Widén

このストーリーで使用された製品

Profoto D2

Umbrella Deep Silver

Air Remote TTL